声を聞く行ってみる

長い夏休みの1日


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

その日、僕は4時に起きた

富士登山にむけての登山の予定があったからだ

まだ暗い中、むかう

S__168189954

僕は完璧な登山の装備をしていた

前日にスポーツショップに買いに行ったのだ

僕は登山初心者

僕の思う装備をしてみた

まずライトは絶対に必要だ

そして猪木みたいな闘魂カラーのタオル

S__168189960

ポシェット

よく見る

S__168189961

長ズボンの上に短パン

世界一有名なブランド

S__168189958

アネロのリュック

そして

S__168189955

クマよけの鈴

これはスポーツショップでレジに持っていったら笑われた

なら売るな!!!!!!!!!!!!!

これで完璧だと思ったら

S__168189959

電池が入ってなくてつかなかった

今回は鳳来寺山にむかった

S__168189964

メンバーはもみー

僕の友人の嫁の妹の旦那だ

そして友人の子供も

S__168189957

りくと

りくとはこの日、本来なら沖縄旅行だった

しかし中止

S__168050696

キャリーだけ沖縄旅行に行った

だから登山になった

しかし両親は4時に起きるわけでもなくばぁばだけ起きていた

もっと言えばこの鈴をりくとにあげた

S__168189955

クマよけなのにりくとはばぁばを呼ぶ鈴にした

チリーン

「ばぁちゃん、アイスもってきて」

チリーン

「ばぁちゃん、喉かわいた」

とんでもないものをりくとに授けてしまった

そしてもみーの嫁のマミもおにぎりを握るって言いながら作らなかったから

S__168189956

こうなった

このように僕たちは誰に応援されることなく登山をする事になった

鳳来寺山は

S__168189962

誰もいなかった

6時前から登る人なんて誰もいない

とりあえずコースの確認

S__168189963

頂上まで行って帰ってくると4時間ぐらいだ

この険しい道のりを出発

S__168189965

まじでつらい

僕は10分で限界が来た

でもりくともいるから情けない姿は見せれない

でもありがたい事があった

S__168189967

りくとがまぁまぁくじけてくれるのだ

「また休憩??」

とかいう雰囲気を僕は見せていたが心の中では

「りくと、ありがとう」

って言っていた

りくとは本来なら沖縄で楽しんでいたはずなのに過酷な山登りをしている

かわいそうだ

でもこのかわいそうさを吹っ飛ばすぐらい見え見えのウソをついていた

「おなか痛い・・・」

謎の腹痛というウソをつくのだ

S__168189968

「足が痛い」

なんて言ったらそりゃそうだ。山登りしてんだもん。ってなる

だから腹痛を訴えるのだ

S__168189969

「もう帰る・・・」

みたいな

そしてもみーが

「がんばろ!!!!」

みたいな

僕は

「りくと、頑張れ!!!!頑張ってもみーを説得して帰る流れにしよう!!!!」

って思っていた

しかし

S__168189970

そうはいかなかった

まぁ帰り道でりくとの腹痛はおさまりもの凄く元気になっていたのでこの作戦は富士山では使えない

りくと、腹痛以外を考えてくれ!!!!!!!!!!!

S__168189966

そして中間地点

ここまで頑張った

S__168189973

でもここが頂上なのか中間地点なのかなんて誰もわからない

とりあえず

S__168189972

それっぽい写真と

「登頂成功!!!!!!」

S__168189977

みたいな写真を撮って下山した

まぁ本当に僕はこれ以上は無理だった

まだまだ元気なもみーには

S__168189974

「まだ僕、行けるっす」

みたいな雰囲気を見せたが

S__168189976

僕もりくと側の人間だった

そしてりくとの下山のスピードは半端なかった

とりあえず僕は登山ポエムだけ書いた

S__168190004

このネタをやりたいから富士も登る

しかしあまりにも代償が大きいと思った

こんなものの為に頑張るのだ

そういえば鳳来寺山でこんなのを見た

S__168189975

65~70歳の方がガイドっぽく近付いてきて身体を触るらしい

もうそこまで頑張るなら許してあげて!!!!!!!!

もの凄い代償だ

そして後藤家に戻ってきた

まだ9時

りくとは元気に宿題をはじめた

S__168189979

この家はまじで自由なのだ

室内で縄跳びもしていいし外の植物を室内にもってきて水をあげてもいい

まわりを見渡せば

S__168189992

20万近いセリーヌのバッグが捨ててある

なんか絨毯のとこ以外は土足でもいいらしいのだ

アメリカンなんだ

そして僕はここで富士登山のリーダーであるおじさんにつかまった

まきんこの父親だ

S__168189980

まぁ登山のはなしをされる

「僕は3人を登頂させるのが目標」

とか偉そうな事を言っていた

まぁここだけの話、話がなげぇ

僕は当日の時間だけを聞きたかっただけなのだ

何時出発なのか

なのに自分の当日の服装まで伝えてきた

「チョッキを着る」

正直、どうでもいい!!!!!!!!!!!!!

いつしかおじさんの話の時間は鳳来寺山にいた時間より長くなった

そしてお昼になった

まきんこが帰ってきた

入院していたふーちゃんた退院してきた

S__168189987

めっちゃ元気!!!!!!!!!!!

さっきまで入院してましたよね??

そして沖縄に行けなくてへこんでいたまきんこ

S__168189981

一緒にお昼を買いに行った

僕は気を使ってあいさつで

「めんそーれ!!!!!」

って言うのをやめていた

しかしこいつから言う

運転しながらも

「イヤササー!!!!」

って言うのだ

そして

S__168189983

沖縄の天気を見せてくる

S__168189984

チャンプルーを買おうとする

まぁうるさい

親子でまぁうるさい

そしてお昼はカレー

S__168189985

なんでカレー??って思った

あとで知ったが本来は沖縄で1日目にカレーを食べる予定だったようだ

まじうるせぇ

そこからちょっと休憩

S__168189986

僕はみんながかわいそうだったから沖縄に行くぐらい楽しいことをこっちでやってあげようと思っていた

だから

「バーベキューやろうよ!!!!!!」

って言った

そしたら

「言い出しが準備しろよ」

って言われた

まじでこういう奴らだ

でも夜まで時間があったからゲーセンに行く事になった

ここでまきんこのいつもの感じが出る

いつもごっさんってよく我慢できるな!!!!って思う

ゲーセン行こうから行くまで最短でも1時間かかる

決まってから

髪を洗う

歯を磨く

服を探す

服を着替える

これで1時間以上かかるのだ

なんなら話すと手が止まる

こんなに時間がかかるから

S__168189989

いっちゃん以外は全員、寝てしまうのだ

だから長女のいっちゃんだけつれてゲーセン

S__168189990

そしてそこからバーベキューの買出し

むかう車内でごっさんが言う

「最終確認なんだけど外でやる必要ってある??」

これで室内バーベキューが決まった

大丈夫だ

この家は室内でも屋外でもそんなに違いはない

S__168189995

でも外でバーベキューだと思っていた菱田さんが来てしまった

S__168189994

でも菱田さん、大丈夫だ

ここは室内でも外のようなものだ

そして彼は

S__168189993

S__168189991

悲しいわ!!!!!!!!!!!!!!!

僕はやっぱり

S__168190000

S__168189996

S__168189999

つかまった

富士山の話をしたいアピールがえげつない

なんか言ってよ!!!!!みたいな感じで冊子を読んでいるしなんか大人しくスマホを見てると思って覗いたら

S__168190001

めっちゃ富士山をググってた

8回目だろ!!!!!!!!!!!!!!

でもおじさんは

「エレベストの練習で富士山に登る人もいるんだよ」

ってドヤっていた

僕はエレベストじゃなくてエベレストだろ!!!って言葉を心にグッと押し込めた

こんな夏休み

S__168190002

S__168189998

このブログも長かったと思うけど4時起きの僕は1日が本当に長かった

S__168190003

夏らしい1日だった

 

 

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2019-08-06 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事