声を聞く行ってみる

自分物語


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

年配のお客様がこうおっしゃった

「私がお世話になり始めた頃、70代だったのにもう今は80代なのよ」

時の流れは誰にでも平等に訪れる

僕も

S__5447683

お店を出してから8年が経とうとしている

色んな事があった

何となく思い出して振り返りの為に書いていこうと思う

第1期 『手探り期』

オープンしたての頃は何をしていいのかもわからずに手探りだった

お店もこんな場所

S__5447685

車通りだってあまりない

僕たちが外に発信していたものといえば

S__5447692

手書きの看板

これのみ

SNSなんてのもやっておらずに

S__5447686

神頼みだった

そして途中で気付いた

「花だ・・・」

こんな感じでお店の前に花を植えた

S__5447689

そんなんだからあまり知られることなく1周年はひっそりと迎えた

S__5447688

ここで困った僕は聞いた

どうすればいいかを友人に聞いた

「これからはSNSだよ」

教えてもらった

S__5447687

ごっさんはうちより先にオープンしていて色んなことに対してのアンテナというものがあった

そして今はなき若手オーナー会というのにも参加していた

S__5447691

なんか当時はオーナーという響きだけで酔えた

その当時、勉強会にも多く参加した

S__5447690

これは今まで僕は大きな店にいた

だから薬剤で困ったら誰か他のスタッフに聞くという事が出来たのだ

でももうそういうわけにもいかないから必死で勉強した

S__5447693

そしてこの当時に強く感じた事がある

いくら勉強したってそれを発信できなければ自己満足になる

覚えたって発揮できなければ意味がない

当時、ケミカルが得意な美容師さんの発信力が本当に弱かった

あとはこの頃に専門の同窓会があった

S__5447694

ほぼみんな美容師をやめていた

そんなんで自分で勝手に同期の代表みたいな気持ちになった

僕が美容師で輝いてる姿をみんな見て!!!!!って思っていた

なんかそんなのが重なって僕はブログで自分を表現するという道を選んだ

当時、自称ブログコンサルみたいな人に会った

S__5447696

なかなかこれが偉そうな人で

「君のブログは木村さんのマネだね」

って言われた

自分で考えて書いていたものがマネって言われてめっちゃ腹立った

そして木村さんって人を探した

airって東京のサロンか!!!!って発見した

とりあえずairのセミナーに参加した

S__5447697

木村さんじゃない人だった

僕は木村さんのマネって言われるのが嫌だったから1番、木村さんが見れるオンラインサロンに入った

S__5447700

第1回目の集まりでは全ての美容師さんが敵に見えてすみで小さくなっていた

S__5447701

これが僕の一種のコンプレックスになったかもしれない

中にはもう有名な人もいた

豹さんなんかもそうだ

みんなに話しかけられていた

その中で僕はすみで震えていた

何で来ちゃったんだろ??ってめっちゃ思っていた

第2期 『がむしゃら期』

ここで僕は思った

有名になってやろう!!!!!!

S__5447698

色んな事をした

ブログで本当に色んな事をした

S__5447710

みんなに知ってもらうためだったら顔に絵を描いた

ジフも使った

人がやってないことを常に考えていた

S__5447699

セミナーに行っても自分を売り込んだ

S__5447711

セミナーを聞かずに自分を売り込んでいた

S__5447716

がむしゃらだった

時には母の顔にも落書きをした

S__5447714

この当時の出会いが三角さんだ

初対面でこの顔

S__5447702

僕は殺されると思った

出会いはごっさんが参加していたファッションショー

S__5447704

このショーのDJをやっていたのが三角さんだ

S__5447705

ごっさんと三角さんはそれ以前から知り合いだった

S__5447703

こんなのもあって当時はまだやっている人が少なかったワードプレスでブログ

これを習う為に三角さんのところに行ったりした

S__5447707

仲良くなったのはこの頃

そしてよく飲むようになった

今よりみんな時間があった頃だ

ある時、三角さんが紹介してくれた子がいた

「有名な子の姉」

それがカンナだった

S__5447715

「ブログ見てます」

僕、たぶん人生ではじめてそれを言ってもらった子がカンナだった

この頃、よく4人で飲んでいた

S__5447719

この頃、菱田さんは全然、飲み会とかに参加しない子だった

でもカンナが手を引っ張った

当時、菱田さんは“カヅオ”って呼ばれてた

「カヅオ行くよ!!!」

連れ出した

S__5447720

こんな感じで3人で遊びに行く事が多くなった

S__37257226-168x300

こいつらは手を合わせれば僕が奢るというのをお決まりのパターンにしたのだ

S__5447721

このポーズを見るたびに僕の財布からお金が減っていった

S__5447723

第3期 『調子のり期』

この頃になると僕は調子にのっていた

面白いようにブログが読まれた

出かけて声をかけられることもあった

そして泊まりで遠くから来店される方も増えた

S__5447732

かなり調子にのっていた

美容師が沢山集まる展示会などでは

「僕が館内を一周する間に何人に声をかけられるか??」

みたいなゲームをした

かなり調子にのっている

この頃、この人たちとも会った

S__5447726

ただ僕はこの数日後にカンナとケンカをした

それから3年は連絡をとってなかった

最近はDSを借りたりしている仲だけど当時はまったくの音信不通になった

たぶん僕が調子にのっていた部分も原因の1つだと思う

第4期 『様々な出会い』

この頃に色んな出会いがあった

例えば富さん

S__5447725

専門の先輩だったから何となくは知っていた

忘年会か何かで呼ばれた

僕は早く着きすぎたのでその店の前のベンチで座っていた

そしたら富さんが来た

僕は人見知りだし相手が先輩だったので下をむいていた

そしたら

「木戸くん??」

って言いながら膝に座ってきた

まじでヤバイ人だと思った

そして池田さんも

S__5447730

当時、富さんと池田さんは付き合っていたのでくるようになった

こんな感じでこの頃から

S__5447733

このメンバーでいる事が多くなった

なんか当時はみんながサーフィンにはまっていたから海に行ったりもした

S__5447731

この頃は東京もよく行っていた

東京のメンバーはツイッターで仲良くなった人達

S__5447729

東京に行くとすぐに誰かしら来てくれる

車で行っていたから次の日が仕事なのに深夜1時に逗子まで送っていったのはいい思い出です

この頃にタケさんにも呼んでいただいた

S__5447734

タケさんはよくカンナが

「タケしゃんも呼ぶ??」

とか名古屋で飲んでいる時に言っていたから知っていた

でも毎回、完全に断わっていた

こわかったのだ

でもはじめてお会いした時に全然、こわくなかった

なんなら後にケイスケさんと3人で

S__5447749

ドラゴンボールみたいなことをやった

そういえば松さんもこの頃に家に来た

S__5447736

勝手に人んちのキッチンをさばくる姿にただものではなさを感じた

この頃ってのちに・・・って感じが増えた頃

S__5447741

のちにこのメンバーでハワイに行くとは思わなかった

第5期 『個々の確立』

菱田さんはずっと金髪だった

S__5447718

これってやめれなかった1つの原因に

「金髪で覚えられていると思うから」

って言うのがあった

アシュリの菱田さんっていうアシュリに対するジレンマもあったと思う

この頃、菱田さんは金髪をやめる

S__5447735

自分の確立だと思う

菱田さんがいるアシュリ

逆にしたかったんだと思う

なので撮影をした

S__5447744

今まで撮影なんかしてなかった子が急にはじめる

相当のプレッシャーだったと思う

S__5447745

最初の撮影は大阪に行った

ジュナちゃんに頼んだ

S__5447746

僕は僕で僕らしくしていた

ブログをはじめたきっかけは知ってもらうため

そして見ていただいている方のため

それがいつしか勘違いを起こさせた

調子にのっていたのだ

それを一旦、リセットさせる考えをもつようになった

この頃からPVをまったく見ていない

PVに囚われていた考えをやめた

そういえばこの当時、こんな服を着ていて

S__5447737

職質されたのはいい思い出だ

S__5447738

誰よりも楽しんでやろうと思った

S__5447740

美容師らしくなくてもいいから全力で楽しもうと

S__5447742

そしたらあるメーカーさんから取材の依頼がきた

しかし

S__5447747

真面目な話をしながらシャンプーさせられた

そして誕生日でみんなにLAに連れてってもらった

S__5447748

というか行かされた

「LAに1人で行って動画を撮ってきてください!!!」

こんな事を言われる経験ができる人は滅多にいないと思う

人から助けられてばかりの人生だったから自分のチカラを試すために富士山に登った

S__1826843

もう2度と登らないと心に誓った

僕はこれからも人に助けられて生きていきたいと思った

そしてハワイにも行った

10719336066598

こんな感じで今年はコロナがきた

めっちゃコロナがきた

S__5292036

でもこれまで積み上げてきたものは結構、崩れずに耐えてくれている

さっきもお客様が

「あんたら偉いねぇ。ちゃんとやってる!頑張れ!」

って言って帰っていかれた

ちゃんとやっているように見えるらしい

これからもちゃんとやっているように見えるようにやっていこう

そういえばさっき菱田さんに聞かれた

「今日が周年の日だったっけ??」

待て待て待て

今日じゃねぇ!!!!!!!!!!!

まだだ!!!!!!!!!!!

忘れんじゃねぇ!!!!!!!!!!!!!!!

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2020-05-20 | Posted in 木戸No Comments » 

関連記事