声を聞く行ってみる

8周年


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

本日、5月22日はアシュリの8周年の日でした

S__5644300

まぁ今年はこんな感じの世の中なんでひっそりと迎えようと思っていました

毎年の亡くなった友人へのブログを書いて周年には触れないでおこうと・・・

でもお客様がケーキを届けてくださったり

S__5644299

プレゼントをくださったり

S__5644298

素敵な想いがつまった文章を送ってくださったりと本当に嬉しいです

なのでちょっと8周年についてのブログを書いていこうと思います

S__5644296

僕をデビュー当時から知っているお客様はわかると思いますが僕の雰囲気は変わったと思います

いや、太ったとかじゃなくて・・・

特にアシュリをはじめてからは変わったと思います

僕、もう少し距離があったと思います

オープン当初にめっちゃ揉めました

たぶんあの時のお店の空気が嫌で来店されなくなった方も正直、いると思います

僕と菱田さんとのお客様との距離感が違ったのです

僕のほうが遠く菱田さんのほうが近かったのです

でも僕は菱田さんの距離感を認める事ができなかったのです

それを認めると僕が今までやってきた事を否定する気がしたのです

「僕のやり方にあわせてください」

もっともっと辛らつな言い方で菱田さんに言った時もあります

あの頃、本当に毎日が嫌でした

菱田さんの顔も見たくない日々でした

「今日も頑張ってくれてる!」

とか

「スタッフは家族!」

みたいなキラキラしたものは僕にはなくただただやる事に納得できなくてイライラしていました

でも菱田さんには大事な譲れない部分があったと思います

変えませんでした

今でも覚えている出来事があります

ウイッグを買おうか悩んでいるお客様

菱田さんが言いました

「私、家にあります!!!持ってきますね!!!」

そういうとお店を飛び出ていったのです

僕の感覚で営業中に家に帰る感覚はなかったのです

「行っちゃいましたね。」

「そうですね。」

こんな会話をお客様としました

でもお客様がめっちゃ笑顔だったのです

僕も笑いました

持って帰ってきた菱田さんも笑顔でした

全員が笑顔だったのです

このあたりでしょうか?

変わっていった感じがあるのは

うちを昔から知っている人はこう言います

「アシュリは菱田さんあってこそだね」

菱田さんがオープン当初から続けたものが今のアシュリだと思います

コロナで休業するか悩んだとき

「私は誰か1人にでも必要とされるならやりたい」

こう言いました

たぶんこの考えがアシュリなんでしょう

そういえばさっき僕、ちょっと外出したんです

菱田さんは妊婦のお客様のカラーをしていました

戻ってくるとそのお客様の目の前にペットボトルがありました

「菱田さんが買ってきてくれました」

って言ってました

えっ?お客様を1人残して行ったの??

「電話が鳴っても出なくてもいいって言って買いに行ってくれました!」

おい!そりゃそうだ!!

誰かのためを第一に考える

菱田さんは相変わらずこんな感じです

そしてこれからも僕たちをよろしくお願いします!!!!!!

S__5644296

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2020-05-22 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事