声を聞く行ってみる

どうして野球部はボウズじゃないといけないの?


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

前回のブログでどうして野球部はボウズじゃないといけないのか?みたいな疑問の答えをサラッと書いた

本日はこのように今まで気になっていてもなかなか答えが見付からなかったものの答えを僕が答えていこうと思う

皆さんの豆知識が少しでも増えていっていただけるとありがたい

まず

『野球部はどうしてボウズじゃないといけないの?』

S__90300418

この答えからまた細かく解説していこう

野球部 = ボウズというのは完全に人の遺伝子に組み込まれている

例えばマジカルバナナをやったとして「バナナと言ったら黄色」なみに「野球部と言ったらボウズ」

これがサラッと出ると思う

もう逃げられないのだ

もう野球部だからボウズなんて当たり前なのだ

だからボウズは野球部の目印になる

ボウズの少年を見て

「サッカー部ですか??」

なんていう人間はいない

それこそその人は反省の為に頭を丸めるべきである

そうなのだ

完全にボウズは野球部の目印だ

飛行機に乗っているときに急病人が出て

「お客様の中に病院の先生はいらっしゃいますか??」

このシチュエーションはよくある

でもこの呼びかけってとてもタイムロスだとは思わないでしょうか??

探している間にも病気は悪化する危険性がある

それは病院の先生の目印がない

でも飛行機の中で強打者が出たときに

「お客様の中に野球部はいませんか??」

なんて言っているとそれこそすぐにホームランが打たれる

なので

「野球部ですね。お願いします。」

ってすぐ言えば三振がとれる

なので野球部はボウズじゃないといけない

『学生はなぜ髪を染めたらいけないの?』

S__90300420

これは誰しもが一度は思うと思う

そして校則に逆らって髪を染めて謹慎になった方もあると思う

そしてなぜ??って聞くと頭ごなしに

「学生だから!!!」

って謎の答えが返ってくる

学生 = 黒髪というのは絶対なのだ

例えばマジカルバナナをやったとして「バナナと言ったら黄色」なみに「学生と言ったら黒髪」

これがサラッと出ると思う

もう逃げられないのだ

でもこんな疑問をもつと思う

「注意する先生は染めてるのになぜ自分たちは染めたらダメなのか?」

だったら先生はぴっちり横分けにするべきなのか?

S__79495182-225x300

絶対に君たちは先生のあだ名を「ぴっちり横わけ先生」にするよねって事である

先生だって人間だ

みんなから好かれたい

バレンタインももらいたい

あわよくばも考えている

だからぴっちり横わけ先生なんて呼ばれたくないはずだ

こう考えれば先生がぴっちり横わけにするなら学生もぴっちり横わけにするのか??って話になる

先生も生徒もぴっちり横わけ

ぴっちり横わけ市立ぴっちり横わけ学校である

考えて欲しい

地獄ではないか??

なのでぴっちり横わけが嫌なら髪を黒くしとくべきだ

もっと言うなら先生は先生で夏休みがある学生を羨ましがっている

『妊婦さんはカラーをできないの?』

S__90300421

これには諸説ある

ダメっていう人もあればいいっていう人もある

でも身体の事より何よりも“嫁姑問題”

これを考えたほうがいいと思う

姑世代というのは学生 = 黒髪なみに日本人 = 黒髪の文化が根強い人が多い

例えばマジカルバナナをやったとして「バナナと言ったら黄色」なみに「日本人と言ったら黒髪」

これがサラッと出ると思う

もう逃げられないのだ

だから妊娠中に髪を染めた場合、姑は

「あれ?海外の方?うちの息子は海外の方と結婚したの?」

ってなってしまう

朝の味噌汁がクラムチャウダーに変わったら勘違いしている

そこから謎の国際問題に発展してしまう

なのでカレーをスプーンで食べたいなら妊娠中は髪を染めるべきではない

このようにこれからも皆さんの様々な疑問を解決していこうと思います

それではまたの機会に・・・

※あくまで木戸の見解です。

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』
LINEで送る

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2017-05-17 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事