声を聞く行ってみる

女子ハンド部諸君


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

お店の電話が鳴った

「初めてなんですけど今から大丈夫ですか?」

こんな事を言われた

「担当者のご希望とかってありますか?」

こう言ったら

「初めてなんで全然、わからなくて・・・」

あっ。この方は別にブログとかを見ての来店の方じゃないんだって思った

そしてその方はすぐに来店された

お店の扉を開けると同時に僕の顔を見ながら

「覚えてる??」

って言ってきた

待て待て待て待て

これほどこわいパターンはない

頭をフル回転させた

前に付き合ってた??

いやいや、さすがに覚えてるはずだ

前に飲みに行った??

いやいや、そんな場所で自分がどこで働いているかなんて言わない

どこかの店員さん??

いやいや、僕は近所のコンビニしかいかない

とりあえず一か八か

「高校のときの・・・」

って言ってみた

世の中のほぼすべての事柄は

「高校のときの・・・」

で解決できるって僕は知っている

「いやいやいや・・・」

って言われた

そしてここでピンときた

「イノちゃん!!!!!!!!」

思っていた事が口から出ていた

中学の同級生だった

僕の中学には部活によってカーストがあった

僕はサッカー部

S__106848295-300x246

スクールカーストでは最上位に位置する部活だった

サッカー部というだけで世の中のほぼ全ての事が思い通りになった

そしてほぼ全てのヤンキーの女の子はバレー部に入っていた

でも女子バレー部は体育館の男子バスケ部と仲がよくなるというのがお決まりのパターンだった

だからこの2つの部活はヤンキーだった

あとは野球部のポジションも上だったけどみんな坊主だった

基本的にみんな部活同士で仲良くなりサッカー、野球、バスケ、バレーを中心に学校がまわっていた

このイノちゃんというのは女子ハンド部だ

女子ハンド部というのは特殊だった

カーストと関係のないところで生きているような部活だった

まず僕の中学の女子ハンド部の成り立ちから説明しよう

女子ハンド部の創部メンバー

S__898662811-300x300

うちの母だ

1代目だ

女子ハンド部を作った人だ

今ではトドだが

S__171769875

ハンドボールをやっていた

それも外でやっていた

だから僕たちサッカー部の横で女子ハンド部はやっていたのだ

鬼のような監督だった覚えがある

僕たちサッカー部のボールはたまにハンドボールコートに入ってしまった

それを取りに行くと鬼のような監督が

「スパイクで入るんじゃねぇ!!!!!!!!」

鬼のように怒った

逆にハンドのボールがサッカーコートに入っても普通に取りに来ていた

このようにハンドボールというのは軍隊のような部活だった

だから特殊だったのだ

そこにいたイノちゃん

僕の記憶では不二家のペコちゃんより小さかった

「イノちゃん大きくなったね」

って言ってみた

「変わらんよ」

って言われた

もう25年も経つと僕の記憶も曖昧になっている

「イノちゃん、同じクラスになったことあったっけ??」

こんな話になった

もう僕はまったく覚えてないのだ

「1年のときって先生って誰だった??メガネの女の先生??2年は??メガネの違う女の先生??3年は??メガネの男の先生??」

もう僕の中学の記憶はメガネに支配されてしまっている事に気付いた

そして僕とイノちゃんは1年と2年が同じクラスだった事が判明した

「木戸くんって2年生のときって太っちょの子のとこにいつも近付いてたよね!すごい嬉しそうにベタベタ触ってたよね!」

そうなのだ

僕はある太っちょの男の子に夢中だった

あまりにかまいすぎて3年になる頃には無視されだした

これを俗にいう

『太っちょの乱』

という

完全にうざがられたのだ

そして今は

S__171851780

太っちょになった

これを俗にいう

『太っちょの呪い』

という

色んな思い出話ができた

イノちゃんたち軍隊ハンド部は僕がお店をやっていた事を知っていたらしい

そしてブログも読んでいて前にスーパーで菱田さんを発見した時はテンションがあがって話しかけそうになったらしい

そしてハンド部を代表してイノちゃんがまず来てくれた

おい!!!!!!

ハンド部!!!!!!!!!

罰ゲームみたいにしてくるな!!!!!!!!!!!

まぁまぁ有名美容師だぞ!!!!!!!!!!!!!

S__171442206

僕はイノちゃんをカットした

いつも行っているというサロンの名前にインスピレーションをうけて

S__172310580

『おしゃまカット』と名付けた

ハンド部の来店が続くのかこれで終わるのかはこの『おしゃまカット』にかかっている

そしてイノちゃんは帰りがけに写真をお願いしてきた

S__172310578

おい!!!!!!!!

証拠写真を撮ってくんじゃねぇ!!!!!!!!

罰ゲームかよ!!!!!!!!!!!!!!

女子ハンド部諸君

全員来い。

イノちゃんもまたお待ちしています

 

 

 

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2019-10-08 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事