声を聞く行ってみる

結婚しました


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

10月8日月曜日

僕は車で名古屋にむかった

二次会の景品を沢山、トランクに入れて名古屋にむかった

場所は東海の人間は小さい頃からお馴染みの孫とおじいちゃんのCMで有名な『名古屋美宝堂』

その近くにある結婚式場

この日は友人の

S__69099532-300x222

ごっさんとまきんこの結婚式だ

まきんこは鈴木マキから後藤マキという何ともモーニング娘にいそうな名前にかわる

会場には

068

専門学校の同期やごっさんとまきんこの職場の美容師がいっぱいだった

会場に着くとごっさんのお母さんがやってきた

ごっさんのお母さんと会うのは高校の卒業式ぶり

あのときは

「木戸君、これからもよろしくね」

って言われた

僕はちゃんとそのときのよろしくを守ってここまで生きてきた

だから

「木戸君、今日はよろしくね」

って言ってお金をくれた

結婚式が始まり

064

披露宴が始まった

披露宴では友人代表のスピーチをお願いされていた

でも僕は条件を出した

「1人では嫌」

「最初のほうがいい」

これだ

なので菱田さんとのスピーチになった

スピーチも乾杯のあとすぐになった

乾杯はあんちゃん

同級生だけど年上という人が必ずなるあだ名『あんちゃん』でお馴染みのあんちゃん

めっちゃ緊張していた

なのに乾杯の挨拶を携帯に打ちこんでいてそれを読んでいた

年上のくせしてマナーができていない

だから誰かが携帯を鳴らして完全にあいさつが飛んでいた

ここまであたふたするあいさつを僕は見た事がなかった

だからその次の僕は緊張が半端なかった

069

会場は美容師ばっかだし・・・

ここでいいところを見せればヘッドハントされるかもしれない

同級生の加藤くんなんかは式そっちのけで自分をアピールする為に色んな人にあいさつしていた

帰ったら今井さんに怒ってほしいものだ

この日はそこそこの雨だった

僕のスピーチのつかみ

「本日はお日柄もよく」

って言ってみた

より一層、雨音が強まった

世界が止まったかの錯覚を起こしたほどだった

ただそれ以外は完璧だった

正直、ここまで完璧なスピーチを見たことがない

スティーブジョブズが会場にいたのならスタンディングオベーションだったと思う

074

ごっさんの弟も感動してピアノを弾いた

僕の為に弾いた

それからごっさんも普通のあいさつをした

いたって普通のあいさつだ

070

でもこの式で感動するポイントが2つあった

やはりまきんこのあいさつだ

ご高齢の自分のおじいちゃんに手紙を読んだ

ギリ結婚式に参列していたおじいちゃんに手紙を読んだのだ

ギリ読めた

084

「おじいちゃん、またモーニング行こうね」

僕たちの住んでいる東海地方にはモーニングという文化がある

朝、喫茶店に行って飲み物を頼むとサービスで食べ物がついてくる

お店によっては飲み物のサービスで飲み物がついてくるお店まである

これにまた行こうって言ったのだ

なんか感動したのだ

それからまきんこのお父さんのあいさつ

062

「ともくん、まきをよろしくお願いします」

って頭をさげたまま頭があげれなくなってしまったのだ

「ともくん!!!まきをおじさんに返してあげて!!!」

会場中がそんな空気に包まれた

そんな感動の式が終わり婚姻届を出しに行った

一発勝負だ

色々とおっちょこちょいが多いまきんこ

結婚式と同じ日を婚姻届けを出した日にする為には失敗は許されない

奇跡的に書類の不備はなかった

087

そして夜から栄のランの館で二次会だった

僕と菱田さんはそのまま二次会の幹事だった

サプライズで親からの手紙を読んだ

僕はごっさんの母親になった

ごっさんの母親になったのはあれが最初で最後だ

S__48832544-300x300

二次会が終わって僕たちは買出しに行った

ナディアパークのビアスティックの隣りにあるローソンでお酒を買った

「木戸、かづちゃん、今日はホテルをとってあるから」

ってごっさんに言われたので飲むことにしたのだ

ホテルはパルコの上のホテルだった

部屋に行ったらびっくり!!!!!!!

全員、同じ部屋だった

修学旅行みたいだった

そこで工藤からお祝いの電話があった

工藤はまきんこのお店をバックレたから式には来れなかったのだ

その電話が工藤の声の最後だった

10月9日火曜日

僕たちは京都に行く予定だった

091

まきんこが前に鈴虫寺で

「ごっちんと結婚できますように」

ってお願いしたからだ

このお寺は願いが叶ったらお守りを返しにいかないといけない

朝、まずはホテルの朝食をとる事にした

でも前日の疲れなのかごっさんが起きなかった

まきんこが

「ごっちん、朝食の時間が終わっちゃうよ。起きてよ。」

って優しく起こしていた

そしたらごっさんは

「うるせぇな!!!おじいちゃんと行ってろよ!!!」

って前日の

084

まきんこのおじいちゃんへの手紙の文章を引用していた

奥さんの手紙をちゃんと覚えているなんて本当にいい旦那さんだ

そしてうまくもないホテルの朝食をすませて京都にむかった

まず鈴虫寺に行ってから清水寺に移動した

090

残念ながら僕たちは京都=清水なのだ

ここしかわからない

景色を見たところで

092

特に感動しない年齢なのだ

なんでここに来たんだろ??しか思わなかった

なので夫婦初の共同作業をしてもらう事にした

095

なんか重いやつを持ち上げてもらう

でも

096

持ち上がらなかったから

097

手伝った

初の3人での共同作業になった

でもマジで清水なんかでやる事はなかった

とりあえず修学旅行生にまぎれるゲームをやった

まきを探せ

103

ごっさんを探せ

104

急に大人が班に入ってきて中学生は本当にびっくりしたと思う

たぶん修学旅行の作文のタイトルは

「謎の班の仲間」

だったと思う

それから清水を歩いていたらまきんこが

101

「ごっちん、ここって前に来たときに寄ったきんつばのお店だね」

って言った

完全に元の彼氏との旅行エピソードを披露したのだ

まきんこに聞こえないようにごっさんは

「俺じゃねぇ・・・」

って言った

ともくん!!!もうおじさんに返そう!!!

062

それから晩ご飯は祇園で食べる事になった

僕たちの中では祇園での食事代は未知の領域だった

結婚式の次の日だからいいお店に入りたいけどお金もない

105

僕たちはめっちゃ悩んだ

そして1人5000円のすき焼きのお店に入った

1番安いのが5000円だ

料理がきてびっくり

肉が4枚と野菜

そして仏壇に置くぐらいの量のご飯だった

全員が無言だった

だって肉とご飯の分量を頭で計算しなくてはならなかったから

今までにない計算だった

きっと泣いていた

次の日からのもやし生活を考えて泣いていた

それを見かねた店員さんが

「ご飯のお代わりは無料ですよ」

って言ってくれた

全員が一斉に

「おかわり!!!!!!」

って言った

あれほど声があわさる事はこれまでもこれからもないだろう・・・

これが12年前の今日の話

S__170450956

みんな経たねぇ

これからも経ていこうね

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2019-10-09 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事