声を聞く行ってみる

真冬の恐怖体験


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あれは忙しい日曜日・・・

僕は午前の仕事を終えお昼を食べて2時からみえられる予定のお客様を待っていた

午前中の忙しさとお昼を食べた満腹感で少しだけボケーっとしてしまっていた

そのままお店の前の通りを何気に眺めていると見た事があるような後ろ姿を見た気がしたのだ

E9D5AAE1-0ED7-40E2-AA7E-AE7878AB62A9

茶色のニューバランス の靴

ゴリラの付いた赤い鞄

真冬なのに薄手のロングのTシャツ

そしてそこだけ温めとけば大丈夫なの?っていう袖のないベスト

毎日のように僕が目にしている格好

母だ

でも少しだけおかしい

まずうちの母であるなら間違いなく愛犬を連れて店に寄る

EFF5E726-3D6B-45AB-B52C-90CE716C0269

寄っていかないのだ

寄っていかないどころかこっちも見ないので顔もわからない

そしてもっとおかしいのが肩をあげてつま先で歩いているのだ

とりあえず僕は母にLINEをした

普段、LINEなんてすることはないのにあまりに異様なその光景にLINEをしてしまった

ADEE5281-50AF-430A-B67C-C731EE71603C

そして菱田さんに聞いた

「今のってうちの母親だった?」

そしたら

「見てない」

って言われた

そりゃそうだ

日曜のお昼にお腹いっぱいでボケーっとして外を眺めている美容師なんて世の中で僕ぐらいだ

たまに僕はこんな事を思う

車を走らせているときなどに急に道に立っているご老人を見たときに

「あれって見えてるの僕だけ?」

こう思うときがあるのだ

霊的なものかもしれない・・・ってやつだ

だから

「僕はもしかしたら母の霊的なものを見てしまったのでは?」

って思ったのだ

怯えていたら菱田さんに

「公園に散歩じゃないの?」

って言われた

待て待て

散歩に鞄を持って行くのか?

もしかしたらバス停?

いやいや、うちの近くにもバス停がある

店の近くから乗るわけがないのだ

だから菱田さんに言った

「えっ?うちの親って散歩するの?」

そしたら

「木戸さんのお母さんの事なんて知らん」

って言われた

そりゃそうだ

知るわけがない

僕でも知らないのだ

そしてお客様がみえられてから僕は店を飛び出した

もしかしたらまだ母がいるかもしれないと思ったのだ

しかし母はいなかった

僕は完全に真冬に母の霊的なものを見てしまったのだ

もしかしたら最後の挨拶にきたのかもしれない

思い出してみたら朝に

「花粉症がはじまったかもしれん」

って言いながら鼻をグズグズさせていた

きっとあれは花粉症ではなく重病だったに違いない

B8D0DF8C-A4A7-4424-9486-40E80433E377

とりあえずストレートパーマの1液を塗り終えふと店の外を見てみるとさっきとは反対方向から肩をあげてつま先で歩いてくる人がきた

母だ!!!

完全に母だった

僕は店を飛び出した

「どうしたの?!」

そうしたら母は

「自転車がパンクしたから自転車屋に行ってきたの。バレないように店の前を通ったんだけどバレちゃった!」

って言った

待て待て待て

肩をあげてつま先で歩いているのは隠れていたつもりなのか?

逆に目立つわ!!!!!!

僕はこんな不思議な体験を真冬にした

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』


The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2020-02-09 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事