声を聞く行ってみる

最近、聞いて面白かった話


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

最近、ちょっと調べ物をしていて面白い話があったので本日はそれを書いていこうと思います

あるブランドの話です

もう何十年も前からあるブランド

1人のすごい職人さんが始めたんです

S__20856835

まぁその物のすごさで人気になりました

人気が出ればその物の類似品は出てきます

普通はオリジナルは類似品は認めないものです

でもオリジナルを作っていた職人さんは器がでかかったのです

「それだけの物を作れるのならうちで働かないか?というか作った物をうちのブランドの名前を使って売っていいよ。そのほうが高く売れるよ。」

こうして類似品を作っていた職人を引き入れたのです

そうする事によりそのブランドはますます大きくなったのです

そのブランドは実はオリジナルと類似品を作っていた人との2つの物が存在していたのです

それから数十年・・・

オリジナルが

「もう君たちに任せるよ」

S__20865026

こう言って撤退したのです

だからそのブランドは類似品を作っていた人のものになりました

でもその勢いはおさまらずに世界的なブランドになったのです

それに伴いブランド商品の値段もどんどん上がったのでした

ここで職人は思ったのです

「ブランドのロゴをつけなければもっと安価で売れるのではないか?」

こうしてロゴは入ってないけど同じ職人さんが作ったものがもっと安価で世界中に売られました

だから・・・

本当のお金持ちは

S__20856837

オリジナルのアンティークを買います

本来の職人さんが作っていたものです

ミーハーなお金持ちは

S__20856838

ブランドロゴの入ったもともとは類似品を作っていた職人さんが作ったものを買います

本当にそのもののよさを理解している人は

S__20856839

ロゴは入ってないけど類似品を作っている本物の職人さんが作ったものを安価で買います

この話がすごい面白いなって思いました

アンティーク以外は同じ人が作っているんです

ただブランドのロゴが入っているかどうかなんですよね

これってどんな世界にもあることだと思います

でも同じ人が作ってもロゴが大切な人も世の中には存在しているわけです

それが値段に対して対価になるのか?

僕、この類似品を作った職人さんってすごいと思うんですよね

オリジナルに認められてさらにブランドに戦いを挑むわけです

こんな人になりたいものです

 

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2020-11-13 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事