声を聞く行ってみる

愛のはなし


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

僕の大切な小さな友達、りくとにむけてブログを書きます

大きくなって読めるようになったら読んでください

パパママはりくとがグレたら読ませてください

そして僕はりくとの頑張りをみんなに知ってもらいたいから書きます

S__169205792

りくとが帰りのバスで

「何年生?富士山に登ってきたの?」

って聞かれた時に悔しそうに

「3年生。頂上に行ってないよ。8合目だよ。」

って言ったのを僕は聞いた

世の中は結果を求めがちだ

でもね

結果が全てじゃないことだってある

頑張る姿をちゃんと見ていてくれてる人もいるしそれによって勇気を与えられた人もいる

S__169205769

そしてそれができたのは誰かの「愛」のおかげだったりする

僕が今日、りくとの大切な友達として君への愛のはなしをしていこう

小さい頃、身体が弱かった君

S__801587431-300x225

パパママはじめ周りの人たちは本当に心配した

それは木戸だってかづちゃんだってそうだ

だからりくとが富士登山をしている最中、ママやねぇね、かづちゃんは寝れなかったらしい

笑えたのが話しを合わせたわけじゃないのに僕は

S__169189381

ママにりくとについての手紙を書き

ママは

S__169189432

りくとに手紙を書いていた

みんな本当に心配してたんだ

そしてりくとが登山を終えてバスで駐車場に着いたとき

S__169205766

君は恥ずかしそうに笑った

そして恥ずかしさを悟られないように変顔をした

ママは抱きしめて泣いた

ママは君からきた8合目からのテレビ電話の第一声

S__169205772

「頂上、行けんかったけど雲の上にいるよ!」

に泣いたらしい

かづちゃんもその話をしながら泣いていた

きっとりくとの無事に安心して泣いたんだと思うよ

S__169205802

S__169205803

パパからだって電話があった

普段、木戸へパパからの電話なんてまずない

それが電話があった

特別に見せてあげるよ

S__169205798

笑えるぐらい電話してるでしょ?

かづちゃんからもずっと心配のLINEがあった

ちなみにうちの母親だってりくとくんは大丈夫?ってLINEをしてきた

息子を心配しろよ!!!!!

でもね

僕ともみー

S__169205774

本当の事をママには伝えてなかったんだ

心配性のママが焦っちゃうと思って伝えてなかった

パパはあまりにも僕たちが大丈夫っていうから逆に結構、大変だったって悟ってたらしい

いやいや、本当に大変だったよね

S__169205787

何度も弱音をはいていた

「お腹が痛い」

って言っていた

「もう無理」

って言っていた

でも君は諦めることなく登った

寒さで途中で吐いた

S__169205785

こういうのも僕たちはママたちに登山中は伝えてない

驚くぐらいの豪雨と雷

S__169205783

それでも一生懸命に君は登ったんだ

でもこれだけは忘れないでいてほしい

じぃじは君のリュックを背負ってくれていた

S__169205786

そして

「りっくん、頑張れ!」

って手をつないで登っていた

S__169205781

そしてじぃじは僕ともみーに

「最悪、りっくんを背負って登るからその時はリュックをお願い」

って頼んでた

君は本当に頑張って自力で8合目まで行った

S__169205775

大人でもあの天気で行くのはつらかった

たぶん僕はりくとがいなかったら諦めていた

でも君は頑張っていた

それが僕のやる気に変わった

S__169205784

そして山小屋での夜

まぁ君は歯軋りがうるさかった

S__169205779

寝ながら抱きついてきたりもした

でも夜中に寝言で

「いっちゃん!!!」

って言った

なんの夢を見ていたのか知らないけど妹の名前を呼んだ

小さい君は2つだけ本当の事を言った

1つ目は帰りのバス

S__169205777

広いシャトルバスで起きているのは僕たち2人だけだった

みんな疲れ果てて寝ていた

「木戸!これって何て読む?」

って指差した漢字

あっ。こんなのも読めないぐらいの子供だったんだなって思った

この2人だけで起きていたバス

「やっと終わった・・・」

君の本音が聞けた

たぶん嫌だったんだと思う

でも夏の初めに会った時

「夏休みの楽しみは富士山」

って言った

S__169205799

でも

「やっと終わった・・・」

って聞いた時に本音が聞けた気がした

君は僕には1度として

「行きたくない」

とは言わなかったから

楽しみって言っていたから

2つ目は2日目の朝

S__169189417

じぃじと1時間はなしてた

じぃじは背負って登るとも考えていたと思う

しかしりくとの

「頂上に行きたくない」

これで中止になった

本当につらかったんだと思う

でもよく頑張った

S__169205790

それはじぃじももみーも木戸も見てる

学校のテストでいい点をとるのも大切だ

でも世の中にはもっと重要なことが沢山ある

そしてどんな事にも「愛」が存在するんだと思う

パパの愛

ママの愛

家族の愛

S__169205768

S__169189386

大人になったらもっともっと沢山の愛を経験するんだと思う

でも今回の富士登山でみんなからもらった愛を忘れないでね

そしていつかはじぃじの手を握って登山してください

「リベンジは誰としたい?」

って聞かれて

「パパ!」

「2番目は?」

って聞かれて

「木戸!」

って答えていましたが僕はもう2度と登りません

そしてりくと!!!!!

めっちゃかっこよかったぞ!!!!!!!!!!!

S__169205773

これからも沢山、愛のある大人になってね

 

 

 

 

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2019-08-21 | Posted in 木戸No Comments » 

関連記事