声を聞く行ってみる

あの頃のTKを僕は忘れない・・・


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

S__141295637

SNSの時代

世の中はSNSに支配されている

会えば大人しいはずの人でもSNSでは気が大きくなり声高く叫んでいる

世の中は二分される

SNSで自分の生活を自慢したい人

それを妬んだり僻んだりする人

これはSNSだけで起こっていて最近、始まったものではない

ただ目に見えたカタチの妬みなどが見えなかった

いや、世界は今より昔は優しかったのかもしれない・・・

今の世の中、20代前半の子なんかは彼氏をSNSにあげる

これ、僕は全然、賛成である

だって異性を意識させて仕事をとっているわけではない

まぁ、あげたらショックを受ける人間がたくさんいる人はあげるべきではないと思う

アイドル的な

夢を与えてほしいのだ

でも別にSNSにあげることは悪いことではない

僕が20代前半ならあげていたと思う

それは別に深い意味はなくそれが自然だから

でも間違いなく叩く人間はいる

「自慢かよ。」

いやいやいやいや

かわいいもんだろ!!!!!!!!!

僕はあの頃のTKを忘れない・・・

あれは1990年代後半

世の中にはTKミュージックが溢れていた

毎週のようにTK(TETSUYA KOMURO)が世の中に音楽を送り出していた

そして小室ファミリーというものがあった

瞬く間に消えていったtohkoやKiss Destination

彼女たちを筆頭とする小室ファミリーが日本の音楽界を席巻していた

TKミュージックが僕たちにもたらしたものは今では当たり前になったダンスミュージックをJ-POPに融合したという事だ

今まではテレビのむこうでギターを弾きながら歌っていた人たちしか見てなかった僕たちはシンセサイザーの音とダンスをしながら歌う姿に度肝を抜かれた

日本をTKが変えたのだ

TKにみんな夢中になった

うちの父なんかは言っていた

「小室の音楽は歌謡曲にシンセサイザーをつけただけだな」

このようにサラリーマンですら評論家に変えてしまうぐらいブームだった

ここでもう1つ、僕たちは度肝を抜かされる

TKの自然体だ

TKの密着番組を見ていたときだ

僕はあの衝撃を今でも昨日の事のように覚えている

TKの楽屋をあけた瞬間だ

自分の事を「ともちゃん」と呼ぶ女性が飛び出てきたのだ

そうだ

TKの当時の彼女の華原朋美だった

自分の事を「ともちゃん」って呼ぶなんてなんてかわいいんだろ!!!!!

当時、みんなこう思っていたが後々、ただのメンヘラだったという事を知る

この光景に本当に度肝を抜かされた

当時の音楽業界トップが売り出し中の歌手と付き合っている

そしてそれを隠さず堂々と見せ付けている

今のSNS時代だったら袋叩きだっただろう

ただ当時の世界は優しかった

文句をいう人間はいなかった

売名だ!!!!!なんていう人間はいなかった

いなかったわけではなく目に見えなかった

インスタに彼女を出してるなんていうのとレベルが違う

テレビに出してんだ

そしてイチャイチャしてんだ

この頃からだ

自然体でいることが市民権を得たのは・・・

そしてここから衝撃的な事件が起こる

この事件をみんなそんなに大々的に今まで言ってこなかった

でも僕は人類の歴史に残る大事件だと思っている

その事件は華原朋美の6枚目のシングル『Hate tell a lie』の中で起こる

SNSで生活を自慢している人に妬んだり僻んでいる人

この『Hate tell a lie』を聞いてみるといい

自分がちっぽけな人間に思えるぞ!!!!!!!!!!

『Hate tell a lie』の作詞と作曲はTKだ

そして歌っているのは華原朋美

彼氏が作って彼女が歌っている

ここでもまぁまぁレベルが高い

衝撃的なのはこの歌の歌詞だ

「何から何まであなたが全て、私をどうにか輝かせる為、苦しんだり悩んだりして頑張ってる」

よく見てほしい

「何から何まであなたが全て、私をどうにか輝かせる為、苦しんだり悩んだりして頑張ってる」

この意味がわかりますか??

彼氏が彼女に歌わせてんだぞ!!!!!!!!!!

なんなら

「何から何まであなたが全て、私をどうにか輝かせる為、苦しんだり悩んだりして頑張ってる」

の次に彼氏が

「oh~」

って言うんだぞ

「何から何まであなたが全て、私をどうにか輝かせる為、苦しんだり悩んだりして頑張ってる」

って彼女が歌ったあとに

「oh~」

って彼氏が言うんだぞ!!!!!!!

「oh~」だぞ!!!!!!!!!!!

これでも驚きだがこのバカップルの曲

なんとミリオンセラーだ

握手券がついてないのに100万枚売れている

そうなんだ

世界は優しかった!!!!!!!!!!!!!

いや、元来、人はこのように優しい生き物だ

「何から何まであなたが全て、私をどうにか輝かせる為、苦しんだり悩んだりして頑張ってる」

って彼女が歌って

「oh~」

って彼氏が言った曲をみんな買って2人はもっと「oh~oh~oh~oh~」言う

いや、まじやべぇだろ!!!!!!!!!!!!!!!!

みんなもぜひ買ってみてください

そしてSNSでリア充を自慢して叩かれた事のある方

あなたはまだまだTKレベルではありません

もっといって大丈夫です

 

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2018-08-09 | Posted in きど論。No Comments » 

関連記事