声を聞く行ってみる

『シェアサロン』


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

僕、今日、1人で営業をしました

普段は2人で営業してるんですが今日は1人でした

S__160301058

1人で営業することは別にはじめてではないんですがふと思うことがあったんです

今、話題になっているシェアサロンの事です

シェアサロンとは1つの店舗の中に様々なサロンが存在するカタチです

お店に予約ではなく担当者に予約で担当者により値段も違います

このカタチが多くみられる中で少しだけ腑に落ちない部分があったんです

否定ではないです

僕も先日、先輩がお店を出したいと相談に来たときにシェアサロンの提案をしています

でも正直、美容師の中では賛否があるんですよね

これって何だろう?って考えました

例えば僕、もしくはスタッフの菱田がシェアサロンのカタチをとったとき

S__156844041

どちらもスタイリストである僕たちは2人でやるよりも予約数は搾らないといけませんが営業はできます

ただ僕たちは何年も美容の仕事をしていてできるからなのです

でもシェアサロンのメリットだけ見た美容学生がシェアサロンにまず就職した場合、きっとできないのです

ということは

普通のサロンありきのシェアサロンではないのか?

こう考えたのです

そしてシェアサロンの否定は意見はここが大きいのではないか?

こうやって考えました

例えば今の美容業界の流れ

専門学校に通う美容学生

545502_253318551441109_1174016216_n-300x225

2年間の教育システムがあります

これはただ国家試験に合格する為のカリキュラムです

卒業して即戦力になるかというとそうではありません

そこから約5年ぐらいアシスタントとしてサロンで働くわけです

この期間、経営者的に正直に言うなら先行投資です

お金にならない仕事をするのです

そしてスタイリストデビューをするのです

そこから美容師としてのお店の貢献になります

このデビューしてすぐに技術だけ覚えてシェアサロンに就職したら・・・

サロン側はマイナスでしかないのです

ただの先行投資だけしてシェアサロンに言葉は悪いですが摂取されるわけです

でもこれってただシェアサロンに魅力が負けたとも考えれるのです

シェアサロンより給与体系がよく勤務体系がいいならやめるでしょうか?

この部分で正直、教育サロンが負けている現状です

ここをクリアする考えを模索しているサロンもあります

S__157237250

この前もそんな話になっていました

現状の専門学校の教育システムでは卒業してすぐにカットというのは不可能だと僕は考えています

すぐにシェアサロンなどで働き出すのは無理な気がします

この無理というのは国家試験優先の美容学校の教育システムに限界があると考えるのです

授業どおりにやってきた僕は無理でした

ということは現状のシェアサロンはどこかのサロンで教育を受けてきた美容師の集まりなんです

これに対して真摯に教育を行ってきた教育サロンは怒れて否定の意見になるのではないか?

こう考えました

僕は昨年、アメリカに行きました

S__147652625

このときにアメリカで美容師をしているソウさんに出会いました

そこで短時間ではありましたが色々なアメリカの美容の話を教えていただきました

様々な話を聞く中でひっかかっているものがありました

「日本では今頃、シェアサロンとか言ってんの?」

「アメリカではもうそれって当たり前だよ。アシスタントもいないもん。」

このアシスタントがいないって部分がひっかかっていたのです

どういう教育があるのだろう?

アシスタントがいなくてスタイリストだけなら美容学校を卒業した美容師はどうしているのだろう?

ここが疑問でした

そして質問をさせて頂きました

『アメリカでは美容師免許をとるために1600時間、通わないといけない。そして美容学校はサロン経営だから実際にもう学生のうちにお客様のカットをしている。人が多い国だから学生で安くやってくれるならいい人も多くいる。需要と供給のバランスがしっかりしている。』

こうおっしゃれました

ということはアメリカでは専門学校を卒業した時点でスタイリストなんです

だからシェアサロンで働こうができるのです

この教育システムがしっかりとしているわけです

日本の場合、シェアサロンという言葉が先行していてシステムの構築がまだまだなのです

そして甘い言葉で飛びつき失敗するパターンもあると思います

これは僕たちに与えられた課題かもしれません

教育サロンとシェアサロンが共存できる未来はあるのです

どちらにもメリットとデメリットがあります

お互いがお互いを否定するわけではない未来があると思います

僕は目の前に必死でまったく興味はありませんが美容業界もさらによくなると思います

そんな事をたまには真面目に考えました

それぐらい1人営業の手があいてたって事は内緒です

 

 

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2019-04-16 | Posted in きど論。No Comments » 

関連記事