声を聞く行ってみる

説教するってぶっちゃけ快楽


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

40歳になりました木戸です

戦国時代ならもう隠居生活です

こんな僕が40歳特有の説教っぽいすべてを悟ったかのようなブログを書いていこうと思います

S__39165958

正直、歳を重ねれば重ねるほどそういった事を語るのが快楽になります

おっさんが居酒屋に集まるのはその為です

例えばツイッターで語る人っているじゃないですか

コムドットのやまとが言えばかっこいいですよね

でもおっさんが言ったら老害の説教なのです

世知辛いものです

S__39165955

まず僕たちの世代はSNSに出会ったのはミクシィという人が多いと思います

あれって招待制だったんです

ミクシィをやっている人に招待されないと始めることすら出来なかった

やっているってだけで優越感が得られました

その優越感っていうのがSNSの根底にあると思うのです

そしてそれが幸福感だという錯覚が生まれたのです

「なかなか予約の取れないお店で食事している」

「海外旅行に行っている」

「限定品を買った」

こういったものがSNSに溢れるようになったのです

でもこれって実は「どや!!」ではなく「どう??」なのです

周りの評価ばかりを気にしているのです

幸福感の尺度が自分のものではなく他人のものになってしまったのです

例えば

「念願の高級鮨が食べれた!」

って投稿するとしましょう

でもそれに対して

「私もこの前、そこに行った!でもこっちの鮨のほうが美味しいよ!」

って他のお店を紹介されたとしましょう

なぜか幸福感がなくなるのです

本当は食べた事が幸福であるはずなのになくなるのです

S__39165957

それって悲しいかな自分の幸福感ではないんです

他人に支配された幸福感なんです

これに気付いてくるとインスタやツイッターを見ていると悲しい気持ちになるのです

この子たちは他人の顔色ばっかうかがって幸福感を得ているんだな・・・

そこで僕が最近、よく見るようになったのがティックトックです

なんか何も考えずに見れるのです

僕の中ではサザエさんです

若いお客様に

「ティックトック見てると今の子たちってかっこいい子とかわいい子ばっかだよね!」

って言ったら

「そういう子しかやってないんだよ・・・」

って言われました

S__39165958

今の子は今の子で思う事が色々あるようです

ティックトックを見るようになって変わったことといえばユーチューバーを見るようになった事です

完全な導線ができてるんですよね

今までは開きもしなかったユーチューバーのユーチューブ

でも流れてくるオススメのユーチューバーを見るとめっちゃ面白いんです

そしてそこからユーチューバーを見るようになりました

でもどんなユーチューバーを見ても既視感があるんですよね

なんならPVがとれる事をみんな右向け右します

でも色んな企画に既視感があるのです

僕たちが小さい頃にテレビで観ていたような企画なんです

ガキの使いなどでダウンタウンがやっていたような企画です

たぶん真似してるだけなんです

S__39165957

それがありの時代だと思うんです

アニメだって転生モノばかりですもん

それが恥ずかしくない時代なんですよね

そう考えると僕たちはとても幸せな時代にいた気がするんです

学校に行けば

「昨日のごっつ観た??」

とか

「ガキ使観た??」

とか

どんな新しい事を松本人志は考えてやってくれるのか

毎週、ワクワクしていました

でもめっちゃすごいと思うんです

僕が小学生の頃にテレビのど真ん中にいた人が今でもど真ん中にいるんです

僕、今でもガキ使を毎週、楽しみに生きてますもん

S__39165957

本物ってすごいですよね

まぁ何が言いたいかっていうとやっぱりこうやって語る説教みたいなのってめっちゃ快楽なんです

もうハビットです

 

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2022-09-14 | Posted in きど論。No Comments » 

関連記事