声を聞く行ってみる

生き残るブログ


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

最近、ブログを書いている松さんとこんな会話をした

「昔を思うとブログって全然、読まれなくなってきたよね」

S__178290705

これは本当に思う

5年ぐらい前は面白いほどに読まれていたブログが読まれなくなってきた

それはインスタなどもそうだと思う

インスタのいいねの数はPCならまだ今も見れるが明らかにみんなのもらえる数が減ってきた

押さなくなったっていうのもあるけど全体的に減ってきた

でもこれは全ての人に当てはまる事ではないと思う

中には変わらずにいる人やのびている人もいると思う

それって何でだろ?って考えたときに当たり前の事だけど『見る側の目線』を意識できる人が強いんじゃないかな?って思った

自分本位だと誰もついてこなかったりコアな方しか見ないものが出来上がる

まぁそれはそれでいいとは思うけどコアすぎて宗教チックになるのも僕は嫌だった

あとオタサーの姫みたいな

そこで僕は思い出した子がいた

今、一緒にお題ブログをやっているあぴだ

オタサーの姫を絶対に嫌う子だ

9DCD89E1-10CA-4DC1-9DC5-FE58076E14D1

この子って一見、そんな感じには見えないし本人ももしかしたら否定するかもしれないけど『自分を客観視したりしようとできる』という能力に長けていると思う

まぁサロモやインスタPRなどをやってるから当たり前かもしれないけど・・・

プライベートや性格的な事はまぁよくわからないけどその能力に尊敬すら覚えていたのだ

たまにインスタにアップする写真を

「どれがいい?」

って送られてくる

まぁ僕はその間違い探しのような写真の中から選んでいく

何人にも聞いてると思うし本人的にもよくわからなくなっている部分もあると思うけどこの行動がナチュラルにできるのって簡単そうに見えるけどなかなかできる事ではないと思う

そんなのがあったしこの子の文章のうまさは知っていたから同じお題でブログを書いていったらこれからのブログの書き方のヒントが詰まっているような気がしたのだ

そしてまだ数回しかやってないけどやはり言葉の選び方がキレイな事に気付けた

僕のブログを読んでいただいている方は気付いている方もいると思うけど一定のパターンがあると思う

似た表現をしているだけだ

FC9D13F5-7B13-44A5-BBE1-816B1EC1C140

これってたぶん飽きがくる

これも閲覧数が落ちる要因だと感じる

あぴの中にもパターンはあるかもしれないけどなんかすごく新鮮な表現

ブログってきっと美容師では大多数が男性が書いているし例えば見て覚える事に慣れた美容師は数年前だったらairの木村さんのブログとかをよく見ていたと思う

だから同じとはいわないけどテイストは入っている

男性っぽい文章

影響を少なからず受けているのだ

だから女性の文章がうまい人のブログを見ると新鮮さを感じる

そして女性的な文章のほうが女性は読みやすいと思う

そしてあぴの特徴は一見、自分本位に見えがちだけどバチバチに見え方を意識している

それは文字の大きさの質問でも思った

E7663786-9B5C-4B86-B7FA-E1E5729F1528

僕は文字の大きさなんて意識した事がなかったしたぶんこの質問であぴはちゃんと意識した文間や改行を使っていると感じた

読みやすくしているのだ

これって僕の中ではめっちゃ勉強になった

僕はタイミングの画像挿入しかできてなかったのだ

でもちゃんと考えれば文字だけでも読みやすいブログが書けるのだ

なんか凝り固まった表現や書き方から脱却するチャンス

僕の挑戦

えっ?今日も見にくい??

ここからです!!!

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2020-02-06 | Posted in きど論。No Comments » 

関連記事