声を聞く行ってみる

インスタはオワコン、美容師のブログもオワコン


'stats.label.addfriend' (MISSING TRANSLATION)

あるお客様がこんな事をおっしゃった

「インスタでよく見てた人がいるの。でも最近、その人が無理になって・・・」

いきなり見るのが嫌になったと言うのだ

理由は

「春ぐらいにその人のお店は自粛してたの。でも最近、遠くに旅行に行ったストーリーがあがってたの。どういう事?って。その時と今って状況がかわってないわけじゃん。なんか幻滅した。」

っておっしゃったのだ

僕はここでまたSNSのこわさを感じてしまったのだ

そしてこの状況はいつかは絶対に起こると思っていた

SNSの感情は見る側にあるから・・・

僕は例年、年末になるとツイッターを見なくなる

忙しさで感情がおかしくなる人が多くなるからだ

それは見ている僕もそうだと思う

今までは何とも思ってなかった事が気になってくる

「自分だってそうじゃん」

とか思う事も多くなる

だから無駄なストレスをなくす為にあえて見ないようにするのだ

でもインスタに関してはストレスがないのだ

キラキラが多いインスタに関しては特に何も思わない

だから年末はインスタを見る事が多くなる

ただこれは僕の感情だ

ツイッターで愚痴を言いインスタで妬むほうが心が軽くなる人もいると思う

S__15589397

僕たちの世代というのはあれだけSNSの中心にいたミクシィが衰退していったのを経験している

でもきっかけがあったわけではないと思う

徐々になくなっていった

仲間が1人2人とやめていったのだ

それは正直、今の美容師のブログにも言えることだと思う

数年前まで美容師でブログを書かない事がまるで悪かのように扱われた

でも最近は書く人が1人2人といなくなっている

僕はそれに関しては何となく思っている事がある

必要性がなくなった人がいるのだ

ある意味、成功したのだ

ブログ=集客と考えた場合、集客が成功した人にとってはもうブログが必要ではないのだ

ブログというのは一部であって全部ではないから

今でも書き続けている美容師さんは5パターンいると思う

①集客ができていない

②お客様が楽しみにしているから

③習慣化してやめれない

④文章を書く事が楽しくてたまらない

⑤別のコンテンツに移行した

なんとなくこんな感じかな?って思っている

S__15056898

僕が最近、感じているのはインスタも何となく衰退しているように感じるのだ

あれは5年ぐらい前

ある社長さんがこんな事をおっしゃった

「インスタは今がピークです」

その状態は最近まで続いてこのところ衰退しだしたように感じるのだ

これは僕が見なくなったから感じるのかな?とも思うけど軒並みみんな「いいね」の数が減っているのも見る

僕はその原因が最初に言ったお客様がおっしゃった

「春ぐらいにその人のお店は自粛してたの。でも最近、遠くに旅行に行ったストーリーがあがってたの。どういう事?って。その時と今って状況がかわってないわけじゃん。なんか幻滅した。」

ここにあるような気がするのだ

僕が見なくなった原因もここに繋がってくるのだ

僕は自撮りをした子のインスタの文章に

「マスクは持っています」

って書いてあったのを見たときに嫌になってしまったのだ

ここに気を使わないといけなくなってしまったんだ・・・

こうやって感じたのだ

SNSのボーダーラインは使っている人たちの間で出来上がっていくものだと思う

例えば自撮りを加工している人

「加工しています」

これは書かない

それは書かなくていいというラインだ

だたマスクをしていない場合は「持っている」と書かないといけないらしい

新たに出来そうな基準に嫌気がさしたのだ

でもそこを基準にしてしまった場合

「旅行です」なんてなおの事、「カフェです」ですら危険になるのだ

こんな時なのに出歩いてるの?って思う人が一定数、出るのだ

こんな事を考えて無駄なストレスを感じたくないから僕は見るのをやめた

S__12771330

でももう1つ、危険な側面も感じる

「春ぐらいにその人のお店は自粛してたの。でも最近、遠くに旅行に行ったストーリーがあがってたの。どういう事?って。その時と今って状況がかわってないわけじゃん。なんか幻滅した。」

これだ

考えって変わっていくのだ

自分のまわりの人間にはそれを伝える事は容易い

でもそれをSNSで伝える事はあまりしないと思う

「当時は自粛していましたが経済の事に比率をおいた考え方になったので旅行に行きます」

こんな発信をする人はまずいないと思う

でも見る側は勝手な幻想を抱いているのだ

「そんな人じゃないと思っていたのに・・・」

こう思ってしまうのだ

でも残念ながら幻想を抱かせたのは発信している側なのだ

こんな感じでインスタから人は離れていくのかな?なんて思った

最近、そんな事を感じていた

でもあるインスタグラマーと最近のインスタについて話していたときに

「最近、フォロワーがまた増えている」

って言っていた

僕の考えと逆の現象が起こっていたのだ

そして菱田さんが言った

「うちのお兄ちゃん、フォロワーが400ぐらいでいつも“いいね”が300以上ついてるの」

こんな世の中でも関係なくすごい人はいる

そう考えると今でもミクシィをやっている人だっているのだ

自分が何をしたいのか何を見てもらいたいのかがハッキリしている人は強い

ぶれない人は強いのだ

僕もぶれずにブログを書き続けよう

 

 

 

 

LINE ID 『assuredk』
ID検索もしくは友だち追加して頂ければ予約できます

電話をする時間がないときは是非!

Assure hair resort
TEL:0120-927-254

豊橋市牟呂外神町15-7
定休日:月曜日 第2.第3火曜日
HP:www.assure-hair-resort.jp/

Twitter『@assure522』

The following two tabs change content below.
KIDO DAIKI

KIDO DAIKI

代表Assure hair resort
お客様の”キレイ”のトータルなサポートをさせていただきます。 全てのスタイルはケアをもとに成り立つという強い想いをもち、ヘアケア、スキンケア共に最大限の力を注いでいます。
KIDO DAIKI

最新記事 by KIDO DAIKI (全て見る)

«
  »

2020-11-21 | Posted in きど論。No Comments » 

関連記事